閲覧中のページ : トップページ > 放射線研修委員会 各種催事のご案内 > 第45回日本消化器がん検診学会九州地方会 ※終了しました

放射線研修委員会 各種催事のご案内

第45回日本消化器がん検診学会九州地方会 ※終了しました

日程: 平成27年9月26日(土)


会場: 別府国際コンベンションセンター ビーコンプラザ
〒874-0828 別府市山の手町12-1
TEL:0977-26-7111


会長: 前田 徹
大分県立病院 放射線科部長・副院長
連絡先: Tel 097-546-7228


地方会事務局
大分大学医学部臨床医学系 放射線医学講座
担当:松本俊郎
〒879-5593 大分県由布市挾間町医大ヶ丘1-1
TEL: 097-586-5934、FAX:097-586-0025
E-mail:radiology@oita-u.ac.jp


参加費: 医師 5,000円 医師以外 3,000円


※ 演題募集: 2015年6月15日(月)~7月31日(金) 正午締切 ⇒ 詳細はこちら




プログラム


一般演題: 胃・大腸・超音波・CT


教育講演1:

「腹部超音波検診の現状と展望 -マニュアルの活用法と課題を含めて-」

講師:みはらライフケアクリニック 三原修一 先生
座長:熊本県総合保健センター 土亀直俊 先生


教育講演2: 「メタボロミクスによる早期大腸癌スクリーニングシステムの開発」

講師:神戸大学大学院医学研究科 病因病態解析学分野 吉田優 先生
座長:大分大学医学部 放射線科 松本俊郎 先生


ランチョンセミナー 「匂いによるがん診断法開発を目指して」

講師:九州大学大学院消化器・総合外科 園田英人 先生
座長:福岡赤十字病院 消化器科 平川克哉 先生


会長講演: 「平成25年度消化器がん検診九州地区集計報告」

講師:大分県立病院 放射線科 前田徹 先生
座長:日本消化器がん検診学会九州支部 支部長 北川晋二 先生




放射線技師部会シンポジウム・症例検討


テーマ「胃がんX線検診における精度格差をなくそう!」


<司会・進行>

・技師:大分県地域保健支援センター 水野稔 先生

・医師:佐賀大学医学部 放射線科 水口昌伸 先生


【テーマの目的】

新・胃X線撮影法が全国的に普及することにより、胃X線診断能は明らかに向上している。しかしながら、昨年の同シンポジウムのテーマに挙げられたように、逐年検診における発見進行胃がんは依然として後を絶たない。

そこで今回のシンポジウムは、「胃がんX線検診における精度格差をなくそう!」というテーマを掲げ、各施設で行っている胃X線撮影法ならびに安全管理等の内容について発表して頂き、施設間の格差を互いに理解した上で、基準撮影の現状と今後の普及を図っていきたい。

ページトップへ