閲覧中のページ : トップページ > 九州支部 支部の歩み

九州支部 支部の歩み

北川 晋二

九州支部として、地方会が始まったのは、昭和46年7月であった。尾関己一郞会長のもと、久留米市で開催され、「九州各県に於ける胃集団検診の現状と問題点」というシンポジウムと、市川平三郎先生の特別講演と有賀槐三先生の招待講演が行われた。発会時に、原則として九州医学会開催県で夏季に行い、九州癌学会と同時開催とすることが決定した。また、支部長として入江英雄先生が選出された。

第2回より「胃集検の集い」が開始され、第3回から一般演題が始まった。演題発表が少ないので、昭和51年第6回より各県世話人会が開かれ、その対策として各県より最低2題は発表することになった。また、第7回から全国集計とは別に、九州地区胃集検の集計報告を会長がすることになり、現在まで続いている。

昭和54年第9回から支部長に松浦啓一先生が就任された。昭和57年から「胃集検の集い」が「胃集検研修会」に変更された。昭和60年に松浦会長のもと、福岡で本学会総会が開催されたため、9月に第15回本学会が単独で行われ、以降概ね単独開催となった。

昭和62年第17回から医師研修会が始まり教育講演2題が行われることになった。平成5年第23回から胃集検集計をコンピュータ入力で行うようになり、各種の集計処理が可能となった。その後、各県代表幹事の協力の下、同様の集計処理を福岡の事務局で行い、各会長が独自の纏め方で報告している。平成7年第25回から、大腸がん検診の集計も開始している。平成8年から、古賀充先生が支部長に就任された。

一般演題は、当初胃のみであったが、昭和58年第13回から超音波、翌年から大腸が加わってきた。平成9年第27回から、放射線技師部門と保健衛生部門のミニシンポジウムがスタートし、一般演題が減少している。現在は、放射線技師部会のシンポと超音波部会のパネルが行われ、その他が一般演題となっている。平成17年第35回から、抄録集付きのプログラムとなっている。

九州支部の歩みとして、地方会会長と講演者のリスト(表1)を供覧する。

また、平成5年から、コンピュータ入力して以来の、胃・大腸がん検診の九州成績を表2,3に示す。

表1 九州支部の流れ (地方会会長と講演者)

回数会期場所会長名講演者1講演者2講演者3
1昭和46年7月24日久留米尾関 己一郎市川 平三郎有賀 槐三
2昭和47年7月22日佐賀前山 彦人遠城寺 宗知
3昭和48年7月14日宮崎原田 正
4昭和49年7月13日湯布院加藤 新本保 善一郎
5昭和50年7月5日長崎本保 善一郎入江 英雄
6昭和51年6月19日熊本片山 健志久道 茂
7昭和52年7月30日福岡小野 庸会長講演開始
8昭和53年7月15日鹿児島篠原 慎治平山 雄
9昭和54年7月21日佐賀松岡 順之介
10昭和55年6月28日宮崎福田 実入江 英雄熊倉賢二
11昭和56年6月13日那覇喜屋武 朝章
12昭和57年6月19日別府小縣 昇渕上 在弥
13昭和58年6月18日長崎本保 善一郎中馬 康男
14昭和59年6月23日熊本高橋 睦正佐藤 八郎
15昭和60年9月28日福岡古賀 充清成 秀康八尾 恒良
16昭和61年9月13日鹿児島中馬 康男有賀 槐三福田 実
17昭和62年9月19日佐賀岸川 高松浦 啓一中村 裕一
18昭和63年9月17日宮崎福田 実西俣 寛人吉田 隆亮田中 貞夫
19平成元年9月16日那覇前田 憲信尚 弘子久道 茂八尾 恒良
20平成2年9月23日大分辻 秀男草場 威稜夫市川 平三郎
21平成3年9月29日長崎林 邦昭伊藤 新一郎山田 達哉
22平成4年7月19日熊本高橋 睦正北川 晋二有末 太郎
23平成5年6月26日福岡中村 裕一松井 敏幸豊永 純
24平成6年8月6日鹿児島渋江 正草野 健久道 茂
25平成7年9月2日佐賀下田 悠一郎馬場 保昌三原 修一
26平成8年7月6日宮崎森 建二郎古賀 充光島 徹岩下 明徳
27平成9年7月12日那覇金城 福則河村 奨樋渡 信夫
28平成10年8月1日別府石川 晃土亀 直俊渕上 忠彦
29平成11年7月31日長崎藤本 進西俣 寛人牛尾 恭輔
30平成12年7月29日熊本土亀 直俊金城 福則松井 敏幸
31平成13年7月28日福岡北川 晋二飯田 三雄下田 悠一郎
32平成14年8月3日鹿児島瀬戸山 史郎北川 晋二石沢 隆
33平成15年8月2日佐賀水口 昌信牛尾 恭輔馬場 保昌
34平成16年7月31日宮崎楠原 敏幸神保 勝一馬場 保昌
35平成17年8月6日那覇金城 福則吉原 正治斉藤 博
36平成18年7月29日大分森 宣濵島 ちさと田中 幸子
37平成19年7月28日長崎上谷 雅孝細井 董三村松 幸男
38平成20年9月20日熊本三原 修一馬場 保昌松田 一夫
39平成21年7月11日福岡津田 純郎平川 克哉鶴田 修
40平成22年9月11日鹿児島松元 淳芳野 純治野崎 良一
41平成23年9月10日佐賀梶原 哲郎飯沼 元吉田 論史
42平成24年9月8日宮崎田村 正三島田 剛延井上 和彦
43平成25年9月7日沖縄金城 渚後藤田 卓志松田 尚久
44平成26年9月13日福岡松浦 隆志伊藤 高広松本 主之
45平成27年9月26日大分前田 徹三原 修一吉田 優
46平成28年10月1日長崎上谷 雅孝成澤 林太郎加藤 勝章
47平成29年9月30日熊本満崎 克彦間部 克裕入口 陽介

ページトップへ

表2 九州地区胃がん検診の推移

年度受診者数要精検率精検受診率癌発見率的中度
H5年974,87212.7%75.5%0.09%0.74%
H6年999,25112.0%74.6%0.10%0.80%
H7年978,65312.5%72.6%0.10%0.78%
H8年963,89311.9%72.1%0.09%0.73%
H9年989,83211.5%72.2%0.10%0.85%
H10年968,58411.5%70.9%0.09%0.79%
H11年992,05010.9%71.4%0.09%0.82%
H12年980,43510.1%70.2%0.09%0.85%
H13年913,60910.0%72.0%0.08%0.84%
H14年962,0559.2%70.0%0.09%0.94%
H15年959,7368.9%71.0%0.08%0.91%
H16年944,0488.9%67.0%0.08%0.88%
H17年979,3368.5%69.7%0.08%0.98%
H18年946,2898.4%68.4%0.08%0.93%
H19年970,6738.0%67.4%0.07%0.91%
H20年1,018,3177.5%67.9%0.07%0.87%
H21年1,020,9017.17%68.20%0.07%0.92%
H22年1,026,7096.97%66.60%0.06%0.89%
H23年1,026,7096.53%68.40%0.06%0.99%
H24年1,013,4296.14%69.86%0.06%1.14%
H25年1,058,2686.15%65.58%0.07%1.08%
H26年1,021,6746.15%66.5%0.053%0.87%

ページトップへ

表3 九州地区大腸がん検診の推移

年度受診者数要精検率精検受診率癌発見率的中度
H5年398,8329.1%66.6%0.20%2.22%
H6年447,7157.8%62.9%0.17%2.18%
H7年497,6228.2%67.2%0.16%1.96%
H8年535,6767.4%66.4%0.15%2.09%
H9年600,8907.3%67.0%0.16%2.25%
H10年665,0046.8%65.6%0.15%2.26%
H11年682,7656.7%64.4%0.14%2.16%
H12年724,5266.6%63.4%0.14%2.06%
H13年690,7986.8%64.7%0.14%1.98%
H14年743,0686.8%62.7%0.14%2.01%
H15年777,5126.6%62.5%0.14%2.14%
H16年785,1866.4%59.5%0.13%1.98%
H17年825,4756.9%62.0%0.14%2.02%
H18年840,8866.5%61.0%0.12%1.87%
H19年913,6066.5%60.7%0.12%1.91%
H20年1,002,6216.6%59.8%0.12%1.79%
H21年1,078,4796.33%59.7%0.12%1.76%
H22年1,146,9726.13%60.3%0.12%1.91%
H23年1,175,1516.04%58.7%0.12%1.93%
H24年1,237,2506.1%59.3%0.12%1.95%
H25年1,290,4786.3%58.09%0.12%1.87%
H26年1,521,7776.07%57.8%0.109%1.81%

ページトップへ