閲覧中のページ : トップページ > 九州支部 各種催事のご案内 > 第44回日本消化器がん検診学会九州地方会 ※終了しました

九州支部 各種催事のご案内

第44回日本消化器がん検診学会九州地方会 ※終了しました

日程: 平成26年9月13日(土) 午前9時~午後5時


会場: 九州大学医学部百年講堂 大ホール 中ホール
〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号
Tel:092-642-6257


プログラム・抄録集 はこちら


会長: 松浦隆志
国家公務員共済組合連合会 浜の町病院 副院長
連絡先: Tel:092-721-0831 / Fax:092-714-3262 / matsuura@hamanomachi.jp


地方会運営事務局 (株)JTBビジネスサポートセンターICS営業部
担当: 上屋、北原 <44jsgcs-q@kys.jtb.jp>


参加費: 医師 5,000円 医師以外 3,000円


※ 演題募集: 2014年6月9日(月)~7月25日(金) 正午締切 ⇒ 詳細はこちら




プログラム


一般演題: 胃・大腸・超音波


教育講演1: 胃:「胃X線検査による胃がんリスク予測」
講師: 奈良県立医科大学 放射線科 伊藤高広 先生
座長: 九州大学医学研究院 臨床放射線科学分野 鶴丸大介 先生


教育講演2: 「知っておくべき稀な消化管疾患」
講師: 岩手医科大学 内科学消化管部門 教授 松本主之 先生
座長: 佐賀大学医学部 消化器内科 教授  藤本一真 先生


ランチョンセミナー 「CT colonography を用いた大腸がんスクリーニング」
講師: 済生会熊本病院予防医療センター 副部長 満崎克彦 先生
座長: 熊本県総合保健センター 所長 土亀直俊 先生


会長講演: 「平成24年度消化器がん検診九州地区集計報告」
講師: 国家公務員共済組合連合会 浜の町病院 副院長 松浦隆志
座長: 日本消化器がん検診学会九州支部 支部長 北川晋二




放射線技師部会シンポジウムおよび症例検討会


日時:平成26年9月13日(土) 15時00分~17時00分 (予定)

場所:百年講堂(九大病院) 第1会場(大ホール)


内容:

◎司会・進行 (シンポジウム・症例検討会)

・医師:佐賀県医師会成人病予防センター 中原慶太

・技師:医療法人 親愛 天神クリニック 森一宏

佐賀県医師会成人病予防センター 水町寿伸


特別発言

・医師:佐賀大学医学部放射線科 水口昌伸

 

◎シンポジウム

15時00分~16時00分 (60分)(予定)

・テーマ:『逐年検診における発見進行胃癌をなくそう!』

 

(狙い)

近年、胃X線検診の場では新・胃X線撮影法が全国的に普及し、胃X線画像精度は従来に比べて飛躍的に向上している。また、要精検率の低下や、胃癌発見率・早期胃癌率・陽性反応的中率などが向上した報告も多くなされている。

しかしその一方で、逐年検診にも関わらず進行胃癌で発見される例も少なからず存在し胃X線検診において大きな課題である。

そこで今回は、上記課題を克服するため、画像精度・読影精度・病変の因子・受診勧奨方法などの要因分析とそれらに対する工夫や取組み、また今後の課題について、各施設より報告し、活発な討論を行いたい。

 

演者:指定

 

◎症例検討会

16時00分~17時00分 (60分)(予定)

 

症例提示施設:指定

 

尚、開催時間は若干変更になる可能性がありますので、事前に再度ご確認ください。

ページトップへ